業務委託と請負契約のトラブル

フリーランスで仕事を引き受けている方の中には、自分で契約書を用意しなければいけないという方もいるでしょう。
契約書を用意するとなると、どういった契約書を作成すれば良いのか頭を悩まされる方もいると思います。
契約や経書に記される文面一つで、トラブルを防ぐことができます。まずはそれを知っておく必要があるでしょう。

クライアントと契約を結ぶ際には、クライアント側で契約書を用意してくれる場合もありますが、自分で準備をする必要がある場合もあります。
クライアント側で用意してくれる場合は、契約書の内容をしっかりと確認していくことが必要となります。
また、自分で準備が必要な場合は、トラブルを防げる内容の契約書を作成していくことが必要となります。

このような契約書を独自で作成するのは難しいので、インターネット上の業務委託契約書をテンプレートなどを利用すると良いでしょう。
こういったサイトでは、契約書にはどういった内容を記載する必要があるのか、どういった点に注意しなければいけないのかなどの情報も記載されているので、とても参考になります。
サイトによっては、契約書内容なども変わってきますから、いくつかのサイトをチェックすることもポイントの1つです。
自分にあった契約内容をテンプレートするだけでなく、チェックしたサイトの中から自分の契約内容にあった内容を記載して契約書の作成をすることで、トラブル防止策にもなり、円滑に業務を行うことができます。
もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください■■業務委託契約相談所■■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です